東京創作出版:自費出版Q&A

皆様から寄せられる、よくある質問にお答えします。

よくある質問の回答。

Q1. どのようなジャンルの原稿でも自費出版できますか?
どのようなジャンルでも可能です。自分史・小説・詩集・短歌・俳句・エッセイ集・ビジネス書・実用書・旅行記のほか、写真集・絵本・画集など、本にしたい「原稿」を受け付けています。
Q2. 原稿枚数はどれくらい必要ですか?
本になる分量は、自分史・小説・ビジネス書などの文字物であれば、400字詰め原稿用紙で120枚以上がひとつの目安となります。 上限は特にありません。詩集は100篇以上、短歌、俳句、川柳は100句(首)以上あると望ましいでしょう。少ない原稿に合わせた本のご提案もできます。
Q3. 原稿がなくても相談に乗ってもらえますか?
原稿がなく、企画・アイディアだけでも、取材経験の豊富な編集者が著者とともに本づくりを考え、自費出版に向けたご提案をいたします。また録音による口述筆記も承っております。
Q4. 自費出版の制作費用はどれくらいかかりますか?
本の仕様は、ページ数、部数、紙、デザイン等によってさまざまです。ご予算のご要望を踏まえて、原稿に一番適した本作りのための企画、費用をご提案いたしますので、まずはご相談ください。
お電話でのお問い合わせ Tel/Fax 047-391-3685
お問い合わせ
Q5. 部数は最低何冊から作ることができますか?
1冊から承りますが、ご家族ご親戚だけにという場合でも最低50部くらいからをおすすめしています。制作費用に対する適正部数としては100冊~300冊が目安です。
Q6. 本ができあがるまでどのくらいの時間がかかりますか?
原稿の状態によりますが、ご契約から3カ月が目安です。
Q7. 自費出版ではなく、商業出版として書店流通することはできますか?
可能です。全国の主要書店で販売いたします。その場合、通常の制作費に流通費用(流通装備、配送料、保管管理費など実費)が別途かかります。
※書籍の仕様や内容によっては書店販売できないこともあります。事前にご相談ください。
Q8. 自分史をこれから書きたいと思っていますが、どこから始めたらいいかわかりません
弊社編集者(代表・永島)が一編集者の立場から、生涯学習としての自分史作りの普及を目的に、非営利の市民活動「自分史作りの会」を開催しています。
月1回、松戸市内にて自分史作りを楽しむ会員が、10人前後のアットホームな雰囲気で勉強と親睦を深めています。ご興味のある方はお問い合わせください。
入会随時受付、見学可です。
お電話でのお問い合わせ Tel/Fax 047-391-3685
お問い合わせ

会社概要

2005年設立。千葉県・東京で、自分史、地域史、文芸、大学等各種学校の生涯学習冊子の編集~出版(印刷・製本まで)に実績多数。
その他、市民活動支援として、千葉県松戸市および市川市にて各種文章講座、自分史講座、講演を開催し、ライフワークとしての自分史作りを普及していくことに力を注いでいる。

お問い合わせは東京創作出版
〒271-0082
松戸市二十世紀が丘戸山町53-1
代表 永島 静香
TEL/FAX 047-391-3685
メール:book@sosaku.info

お問い合わせ